Only お湯 Diary

湯う(言う)だけ…アラフィフ独女OLがボケ予防の為に書いてます。

50代ズボラな人の似合う髪型の見つけ方

こんにちは、みやこです。

 

まだ50代にはなっていないけど、40代後半になり、おばさん体型になって、そこかしこが たるんできて…

 

見た目が どんどん崩れてきて、悩み多き アラフィフです。

 

外観の維持に困るアラフィフ

 

前に書いたかもしれないけど、本当に外観維持に困ります。

 

思いもつかない所に 肉が付き始めて、今まで着ていた洋服が入りません。

 

髪も白髪が増えて、ヘナると オレンジが目立つようになってきた。

 

ヘナは、白髪にだけ反応して、オレンジっぽくなります。

 

だから、白髪が頭全体にまんべんなく あるなら メッシュ系になるかもしれないけど、私の場合は 部分的に 白髪が固まっていて伸びてくると 本当に変。

 

そろそろ、美容室に行って、髪の色を調整(白髪染め)しなければ・・・(溜息) 

 

今は、肩より少し長いストレートロング。

と言えば 聞こえが良いが、毛先がバサバサ、肩に髪が当たって跳ねてるし、アホ毛がすごいし、あごの たるみが 目立ちます。

 

なんだか 汚らしいっっ!

 

夏は暑いから、ずーっと髪を縛っていたのだけど、白髪の部分が目立つから、本当は縛りたくないです。

 

見た目が汚らしいから、せめて、不潔感は出さないように気を遣っているだけ。

 

オシャレ感はゼロ。

ただの 疲れた おばさん。(涙)

 

若づくりにならず、年相応の オシャレに見える髪型は ないものだろうか?

 

あー、本当に どうしたら良いのだろう・・・(途方に暮れる)

 

50代の似合う髪型の見つけ方

 

あるブログで こんな記事を見つけました。

 

一言で言うと、プロの美容師にお任せってこと。

 

だから、私は美容室で高らかに こう宣言しました。

 

「髪の色以外は、全部 おまかせします。どんな髪型にしても、文句は言わないから」って。

 

「必要なら、パーマをかけても良いし、髪をバッサリ 切ってもいい。

オーナーが 似合うと思った髪型にして」

 

髪の色は、派手にすると 会社で怒られるので、前のとおりだけど。

 

おまかせって言ったって、刈り上げヘアにはされないだろうし、パーマとカラー(白髪染め)を両方やっても、値段はいつもの倍くらいでしょ。

 

失敗しても、髪は伸びるし。

 

意外とリスクは低い方法だと思います。

 

その結果・・・

 

小学校以来のショートになりました。

 

まず間違いなく、ぜーったい、自分ではオーダーしない髪型です。

 

若づくろうとせず、媚びてないけれど、オシャレな感じ。(←なんだそれ)

 

木村佳乃みたい(←元が違う(爆))

 

会社では いきなり、ショートの登場に ざわざわ(笑)

 

評判は悪くないですよ。

似合ってないと思ってても、口には出さないでしょうけど。

 

辛口のハニーからは、「まー、良いじゃない?」とお褒め(?)の言葉を頂いたので、出来は上々なんだと思っています。

 

当の本人も、悪くはないと思っている…と言うか、結構気に入っています。

 

成功の秘訣

 

何を成功とするかは、自分が気に入ったかどうか です。

 

私が満足してるのだから、今回は成功です。

 

この話を 同僚にしたら 「なんて勇気のあることを…」という驚きの反応。

 

これって、美容師の選択を間違うと 危険な技らしいです。

 

同僚曰く、

「カットモデルに行ったら、シンメトリーにされましたYO。」

「襟足だけ、髪の毛を長くされて、どこの小学生?って感じになった」

もろもろ…

 

私の場合、いつも行っている 開業美容室のオーナーさん。

 

私がヘナってても、自然系の素材にこだわっていることも、だまって受け入れてくれている優しい人。

(ヘナってると、なぜか美容師に嫌がられます。)

 

あと、オーナーさん自身、カット技術に こだわり・自信があるようで、ここぞとばかりに 嬉々として カット技術を駆使していただきました。

 

私の髪のくせや多さ、他もろもろ 私にあわせて 「こんな風にしてみます!」って説明を受けたけど、馬の耳に念仏(笑)

 

色々言われても わからないもん。

好きなように やっちゃって〜っっ(笑)

 

馬の耳に念仏状態と 私のずぼらで不器用な性格 も 見抜いているのでしょうね。

 

髪の毛をブローすることなく、ドライヤーで ぶわーっと乾かすだけで良いお手軽ヘアーにしてくれました。(この髪型で良かったと思う理由の一つ)

 

髪を乾かさず、寝落ちしても、翌朝、蒸しタオルでイケること実証済み。(なんて素晴らしい!)

 

カット技術と、ポイントパーマで かかった費用も2千円プラスぐらいで収まりました。

 

全面的に身をゆだねた為、オーナーのプロ意識を刺激したのでしょうね~。

 

それだけは伝わってきました。

 

成功の秘訣は、

きちんとお金を払って プロ意識が高くて、相性が合う 美容師を選ぶ(指名する)ということ

でしょうか・・・