Only お湯 Diary

湯う(言う)だけ…アラフィフ独女OLがボケ予防の為に書いてます。

生命保険料控除で、得した気分

こんにちは、ミヤコです。

前のブログで、損した気分をしたので
今度は、得した気分ネタ。

生命保険料控除の話です。

年末調整で、所得税が いくらか戻ってくるアレですよ。

私は、年末に年払いにしている保険があって、
年末調整に間に合わず、
毎年、確定申告をしているんです。

ついでに、医療費控除も やってみたりして
あくまで向学の為に
せこく節税に努めているのです。

生命保険料控除について、詳しく知りたい方はコチラへ。

今までの生命保険料控除


で、一昨日、書類整理をしていて、
今年の確定申告の書類を まとめていたんです。

私は、
貯金のつもりのドル建て終身生命保険と
がん保険の二つを加入しているんです。

でも、ドル建て終身保険だけでも、
生命保険料控除(旧制度)5万円マックス利用できるんですね。

今、円安でしょ。

保険料だけでも、お高いんですわ~(笑)

それはさておき、
ドル建て終身生命保険で、
生命保険料控除の枠を使いきってしまってる訳だから
がん保険分の保険料が浮いてしまっている状況。

がん保険の加入自体、やめようか・・・
と思っている位なんだけど、
節税効果など考えずに
ただ単純に病気やガンになったら、医療費かかるしね・・・
位の感覚で加入していた訳です。

あらあら、いつの間にか新制度適用?!


で、がん保険の生命保険控除証明書を
しげしげ眺めていると
『介護医療用』と書いてあるじゃありませんか・・・

ということは、
新制度利用をすることができて、
別枠の介護保険料(4万円を限度)の控除を
使えるってこと。

この保険って、平成24年より前に加入しているんだけどな~
と思いつつ、ご案内を読んでいると
新制度の適用には
①平成24年1月1日以後に締結した保険契約
②平成23年12月31日以前に締結した契約のうち、
平成24年1月1日以降に更新や補償見直し等の新契約と
同等とみなす契約変更などを実施した保険契約

とありまして・・・

そういえば、今年のはじめに、保険の見直しで
個人賠償責任危険担保特約を外して
先進医療特約を付けたんだった。

保険料はあんまり変わってないんだけど、
めでたく②に該当。

①は知ってたけど、②のケースも
新制度の適用になるんだね~。

しかも、介護保険の枠って、医療保険も該当になるんだね~。

「介護」ってネーミングだから、介護保険のみの対象だと思い込んでた。(恥)

生存時に支払われる保険に適用されるのが「介護医療保険料控除」なんだって。

知らなかったわ~(-_-;)

よく見たら、「介護医療」って書いてあるよね。

知らず知らずだけど、無駄なく
生命保険料控除の枠を使えて、節税できたってことだ。

数千円の話なんだけどね、ちょっと得した気分。(笑)